育林事業と環境への取り組み
  • HOME
  • 育林事業と環境への取り組み

育林事業と環境への取り組み

私たちは将来の森林資源の確保のために木を育てることからはじめます。「木を伐れば、木を植える」これが、伝統ある吉野林業の掟なのです。

社有林のご紹介

森林は勝手に育つのものではありません。吉野銘木は、将来の森林資源の確保のため、環境保全のため、木を育て続けています。

植林から伐採まで

「木」は一本一本が各々の特徴を備えているため、画一的な管理は困難です。このため吉野銘木では、土地の気候や土壌を熟知した人間が、一本一本の木を大切に育てます。

吉野林業のミニ知識

吉野地域は日本の代表的な林業地帯として知られています。日本の他の地域帯に比べ歴史が古く、特色ある、吉野林業のミニ知識をご案内します。