住まいづくりをお考えの方へ

吉野銘木で建てる家

澄んだ空気と豊かな水、そして、やわらかな太陽の光に包まれた吉野の山並み。この日本でも恵まれた環境の中で大きくたくましく育った木が、磨かれ、形を整え、「吉野銘木の家」へと生まれ変わります。ただそこに居るだけで、心も身体も休まる、優しい木の温もり。まるで森林浴でもしているような居心地の良さが満ち溢れる。それが「吉野銘木の家」です。
[イメージ画像]吉野銘木で建てる家
内装・外装
どんなライフスタイルにも、そして今だけでなく、将来のライフスタイルにも対応できる住まいを...。デザインについては「和のもので洋を表現する」「洋のもので和をしつらえる」「カラフルな白をつくる」など、こだわりのある住まいを提案し続けます。
構造・工法
吉野の杉や檜を中心に、国産材をもっと身近なものとして親しんでいただくこことを目的に、尊き伝統技術と、最新の技術を融合させ、より強く、より安全で、快適な住まいをご提案します。
基礎
基礎は、縁の下の力持ち。家だけではなく、家族や家具、すべてを支え、守り続ける。家づくりを進める中では、インテリアなどと比べて地味な存在ですが、非常に重要な役割をしています。 最近では、基礎にもいろいろな構造があります。ただ、難しい言葉ばかりが並んで、いったい何がどう「強い」のかわかりにくいもの。ここでは、もっとシンプルに考えてみましょう。
五寸角柱
伝統ある吉野の森林を、森の木立を、 できる限りそのまま皆さまにお届けしたい。 そんな願いをこめて、吉野銘木は無垢の柱にこだわります。
二重耐力壁
いざというときの安心感。強固に、そしてしなやかに。 風や地震など、家の揺れには何種類かあります。中弱風や台風のような強風、弱い揺れから大地震まで様々です。 しかし建物には、風や弱い揺れには固い方が強く、大地震には柳のごとくしなやかな方が強いという、相対する性質があります。 吉野銘木では、そんな相反する性質に対応できる、2つの働きをする壁をご提案します。
その昔、家を建てるとき、棟梁はあらかじめ身を清めたといわれています。 そして木を刻むときにも、柱の上に梁を重ね、打ち込むときにも、心の内で六根清浄と唱えたといわれています。
健康仕様
身体も心も健康でありたい。 悪い物質を放出しない、排除するというような消極的な考えではなく、身体にいいもの、心にいいものを取り入れる。 自然災害に対する日々の不安感をも取り除き、安心感を得る。 家にいながら、心も身体も健康になれる。 吉野銘木は、そんな健康住宅を目指します。