住まいづくりをお考えの方へ

その昔、家を建てるとき、棟梁はあらかじめ身を清めたといわれています。
そして木を刻むときにも、柱の上に梁を重ね、打ち込むときにも、心の内で六根清浄と唱えたといわれています。

梁実験 実大実験




タイコ梁 伝統技術

四角い木なら比較的簡単に芯(中心)を出すことができます。しかし、丸太のように丸くてしかも凹凸がある場合、芯はどうやって出すのでしょう?
伝統工法を受け継ぐ棟梁なら、「規距術」を操って芯を出すことができます。
しかし、工業化が進んだ近年では、このような伝統技術を駆使できる職人は少なくなってしまいました。なぜ、わざわざそんな難しいことをするのか? 機械ではできないのか? という声もよく聞きます。
しかし、それには理由があります。この伝統技術を駆使できるということは、木の性質を知り、木の扱いに熟知しているということなのです。そして、その結果として、機械には真似のできない、素晴らしい仕上がりが得られるのです。
吉野銘木の棟梁たちは、皆、この技術を駆使して家を創ります。その証拠として、当社では適所に「タイコ梁」を採用しています。